LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

月刊・中谷彰宏147「没頭し、解体することで、新しいものが生まれる。」――正しさに引きずられない成長術

月刊・中谷彰宏147「没頭し、解体することで、新しいものが生まれる。」――正しさに引きずられない成長術

著者:中谷彰宏

再生時間:1時間9分31秒

提供:盛池育英会

すでに会員登録済みの方は、こちらからログインして下さい。

内容紹介

なぜ、継続できないのでしょうか?――中谷さんはこう答えます。
「まじめな人ほど継続しない。1回でも休んだらポッキリ折れてしまう。
いい加減な人は、来たり来なかったりしながら、だらだら継続する。
正しさや正解から離れることが、結果として覚悟になっていく。」
「正しさ」や「正解」は至上の価値。多くの人はそう思っているでしょう。
でも、それらに執着することで、失うものは少なくないのです。
継続、柔軟性、覚悟――こういった特質が損なわれてしまうからです。
正しさや正解を超越した価値軸の作り方、中谷さんから伺いました。

★こんな方にお奨めです♪

□継続しない方。
□正しさにこだわる頑固な方。
□柔軟な対応が苦手な方。

ゲスト:奈良巧さん(編集者)

内容項目

○「覚悟とは、正解から離れること。」
○「真面目な人が、三日坊主になる。」
○「成り行き任せだと、運命の仕事に出会える。」
○「見破られたら、段取りではない。」
○「『グッドじゃなかったけど、よかったね』が臨機応変力。」
○「地図を広げて、全体像を把握しよう。」
○「取捨選択しないという覚悟を持とう。」


作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源または原文の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。