LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

若い読者のための哲学史 (1)

若い読者のための哲学史 (1)

2020年10月

再生時間:2時間34分3秒

提供:すばる舎

すでに会員登録済みの方は、こちらからログインして下さい。

内容紹介

哲学は「現実の本質」と、「私たちがいかに生きるべきか」から始まる。これらはソクラテスの懸念だった。古代アテネの市場で厄介な質問をし、人々に人々自身が真に理解したことがほとんどないことを示すことによって、彼は会った人々を困惑させていた。
本書では、ソクラテスやプラトン、アリストテレスから、現代の哲学者ピーター・シンガーまで、平易な文章でわかりやすく、バックグラウンドについても触れながら、西洋哲学史における偉大な思想家たちの、世界と、最良の生き方についての主要なアイデアを案内する。
また、チャールズ・ダーウィンについて扱っていることも本書の特徴のひとつだ。
ダーウィンは哲学者ではなく、「進化論」の発見者として著名だが、『種の起源』の発刊によって、神や人間についての思索に大きすぎる転機を与えたことから章をさいて触れている。

内容項目

1 質問し続けた男/2 真の幸福/3 わたしたちは何も知らない/4 エピクロスの園/5 気にしないことを学ぶ/6 わたしたちを操るのは誰か/7 哲学の慰め/8 完璧な島/9 キツネとライオン/10 下品で野蛮で短い

著者情報

ナイジェル・ウォーバートン

イギリスの哲学者。フリーの哲学者で、毎週哲学に関するポッドキャストを配信し、統合的な哲学のウェブサイトも運営する他、英国立近現代美術館「テート・モダン」で、現代の芸術と哲学に関する人気のコースを教える。
哲学入門書の著者として非常に人気があり、邦訳に『哲学の基礎』(講談社)、『思考の道具箱―クリティカル・シンキング入門』(晃洋書房)、『「表現の自由」入門』(岩波書店)など多数ある。

訳者情報

月沢 李歌子(つきさわ・りかこ)

津田塾大学卒業。英国留学、外資系金融機関勤務を経て翻訳家。おもな訳書に『日常の疑問を経済学で考える』『成功する人は偶然を味方にする』(ともに日本経済新聞社)、著書に『夢をかなえる時間術』(すばる舎)がある。

作品一覧

本作は分割収録となり、以下の項目にて1つの作品となっています。タイトル末尾のカッコ付きの数字が順序となります。各項目にはそれぞれのリンクから移動して再生して下さい。
若い読者のための哲学史 (1)
若い読者のための哲学史 (2)
若い読者のための哲学史 (3)
若い読者のための哲学史 (4)


関連商品・関連情報

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源または原文の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。