LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

伝記書の面白さ①

伝記書の面白さ①

講演者:中野好夫

1978年5月23日 岩波市民講座 岩波ホールにて収録

再生時間:2時間5分42秒

提供:岩波書店

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

中野の没後10年に『伝記文学の面白さ』(岩波同時代ライブラリー)として刊行された講演の前半二回分。辛辣な時事ネタと絶妙な間合いで笑いも巻き起こす、シェイクスピア研究者面目躍如の語り。言及される伝記は現在多くが刊行されるが、当時は未邦訳が多く、中野の知見とセンスが際立つ。司馬遼太郎や城山三郎の仕事への評価や、E.H.ノーマンとの交流の思い出などの回想も興味深い。

講演者紹介

中野好夫

1903年松山市生まれ。英文学者、評論家。1953年に50歳で東京大学教授を辞任。『シェイクスピアの面白さ』『アラビアのロレンス』 『スウィフト考』『人間の死にかた』ほか、著書多数。戦後は平和問題研究会など護憲や反戦の社会評論家としても活動。

注釈

昭和史論争

岩波新書『昭和史』に対して、評論家の亀井勝一郎が「人間が描かれていない」と批判したことから、歴史研究者の井上清、江口朴郎との論争に発展、歴史教育の在り方へと議論がひろがった。同新書は論争後に新版を刊行。

司馬遷の史記列伝

前漢の歴史家、司馬遷のによる歴史書『史記』130巻のうち70巻をしめる王侯以外の人物の列伝

司馬遼太郎

1923―96年。ペンネームは司馬遷に由来し、『列伝』の手法から人物中心に逸話を多く盛り込む歴史小説で幕末・明治の群像を描き、国民的人気を獲得した。『竜馬がゆく』『坂の上の雲』など作品多数。

城山三郎『落日燃ゆ』

1974年刊。A級戦犯で絞首刑となった広田弘毅元首相を描き、テレビドラマ化されたベストセラー。作中の実在人物の親族から名誉棄損で訴えられたが、東京高裁で控訴棄却。

シリーズ一覧

・伝記書の面白さ①
伝記書の面白さ②

関連商品・関連情報

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。