LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

酒学入門

酒学入門

講演者:坂口謹一郎

1976年5月11日 岩波市民講座 岩波ホールにて収録

再生時間:2時間2分8秒

無料サンプル再生時間:

提供:岩波書店

続きが気になる方は会員登録画面に進み、月末までの無料体験をお試し下さい!

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

酒学がどのように始まり、近代科学のなかでどのように発展したのか。ブドウ酒、麦芽を用いて作られるビール、かび麹による日本酒・中国酒など各種の酒造りの歴史をたどり、醸造・殺菌といったそれぞれの技術に言及しながら、酒の学問がどのような広がりをもってきたかを論じる。

講演者紹介

坂口謹一郎

1897年新潟・高田生まれ。醗酵微生物学者。東京帝国大学卒業、同教授。東大応用微生物研究所を創設した。麹かびなどの基礎的研究、醸造工業、バイオテクノロジー産業の発展に貢献した。東西の古典に通じ、小唄をたしなみ、歌会始の儀の召人を務めたこともある。著書に、『微生物工学講座1、2』(共著)、『世界の酒』『愛酒樂酔』『歌集 醗酵』『日本の酒』『古酒新酒』『坂口謹一郎酒学集成』(全5冊)がある。

注釈


倉石武四郎(くらいしたけしろう)

中国語学・文学者。(1897―1975)

ヴェーダ

インド最古の宗教文献でバラモン教の聖典。

ソーマ

インドの植物で、その液汁は神々の飲料とされる。

もちこうじ

餅麹(へいきく)。レンガ状の塊になっている麹。

ちょうけん

張騫。前漢の人。

雨宮勘解由(あめのみやかげゆ)

甲斐のブドウ栽培を始めたと伝わる平安時代末期の人。

せきそんさん

石尊山。山梨の石尊神社か。

酛(もと)

酒の醸造に用いる酒母の一種。

しおり

醞。

とう

酘。

ラオチュウ

老酒。

シャンニャン

善醸酒。

パストゥール

フランスの化学者・微生物学者。発酵の研究を行った。低温殺菌法(パストゥーリゼーション)を考案したとされるが、坂口氏は日本ではその三百年前に酒造りにおいて低温殺菌=火入れが行われていたことに言及している。(1822−95)

ハンセン

パストゥールと同時代のデンマークの植物学者。カルルスベルク醸造所生理学部長。醗酵菌の研究を行い、酵母の繁殖に成功した。(1842-1909)

リービヒ

ドイツの化学者。有機化学・農芸化学の始祖。パストゥールとの論争も有名。(1803−73)

関連商品・関連情報

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。