LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

牛ほめ

牛ほめ

落語家:三遊亭楽生

再生時間:15分35秒

提供:スロウカーブ

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

三遊亭円楽一門会が毎月1日~15日まで両国永谷ホールで開催している両国寄席。
その両国寄席より、三遊亭円楽一門・真打の落語家による選りすぐり高座をお届けいたします!


内容紹介

「牛ほめ」あらすじ

二十歳を過ぎてもろくに褒められたことなどない与太郎。周りの人から馬鹿にされているこの与太郎のことを心配する父親は、最近家を新築した伯父のところに行って、家を立派に褒めることができれば与太郎のことを少しは見直すだろうと考える。ただ、与太郎をそのまま行かせては何を言うかわからないので、家に入る際の挨拶から丁寧にこう言えと教える父親。なかなか覚えが悪く理解したかどうかわからない与太郎に心配しつつも、ついでに家だけではく伯父の家には牛がいるので牛も褒めて来いと送り出す。そんな父親の心配も露知らず伯父の家に着いた与太郎だが・・・。

落語家紹介

三遊亭楽生

三遊亭楽生
生年月日:1977年7月15日
出身:埼玉県さいたま市岩槻区
最終学歴:埼玉県立春日部高校(生徒会長二期務める)
出囃子:元録花見踊り前弾き
略歴:
・1997年4月 三遊亭楽太郎に入門し「楽花生」
・2001年3月 二ツ目昇進
・2008年3月 真打昇進「楽生」と改名
・現在、三ヶ月に一度、江東区深川江戸資料館にて独演会を開くほか、毎月の勉強会を新橋、四谷にて開く。2006年、中国に1年留学し中国語を学ぶ。

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。