LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

処世術から宗教まで(三)

処世術から宗教まで(三)

講演者:福田恆存

1976年9月25日、10月23日 三百人劇場

再生時間:58分52秒

提供:新潮社

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

処世術という一見卑俗な手法が、実は人間や社会の本質を見事なまでに浮かび上がらせる。(この講演は、現代演劇協會主催で行われた三百人劇場土曜講座―連続講演「処世術から宗教まで」―の後半部分を収めたものです。)

内容項目

近代化とネオ漢語の功罪/アリストテレスの技術観/人生における目的と手段/反て諸を己に求めよ/「理解」ということの矛盾

講演者紹介

福田恆存

1912年東京生れ。東京大学英文科卒業。評論、劇作、翻訳など幅広い文筆活動とともに自ら劇団「昴」を主宰し、戦後演劇界の一翼を担う。また、論壇の雄として現代日本社会のあり方をめぐりさまざまな提言を発表、硬骨の言論人として多くの支持を得る。1994年没。

シリーズ一覧

処世術から宗教まで(一)
処世術から宗教まで(二)
・処世術から宗教まで(三)
処世術から宗教まで(四)

関連商品・関連情報

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。

作家自作を語る