LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

難波戦記

難波戦記

講談師:一龍斎貞水

再生時間:57分19秒

提供:スロウカーブ

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

張り扇で釈台を叩き「パパン」という音を響かせて調子良く語る、江戸時代から伝わる日本伝統の話芸「講談」。講談協会に所属する真打を中心とした生粋の講談師たちによる、由緒正しき寄席で行われた高座を録音した実況音源!


内容紹介

「難波戦記」は、関が原の合戦以後、大阪の陣の攻防などを題材とした講釈で、その主役とも言えるのが真田幸村。

講談師紹介

一龍斎貞水

昭和14年、東京、湯島生まれ
昭和30年 先代(五代目)貞丈に入門 5月本牧亭初高座 芸名「貞春」
昭和41年 真打昇進 六代目貞水襲名
平成14年 講談師初の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定
平成15年 浅草公会堂前 スターの広場に手形顕彰
平成14~18年 講談協会会長

昭和50年 芸術祭優秀賞
昭和51年 放送演芸大賞講談部門賞
平成10年 第13回下町人間庶民文化賞
平成15年 文京区民栄誉賞

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。