「LisBo(リスボ)」なら、作家・学者・実業家の講演の他、落語や朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

なぜ小説を書くか

なぜ小説を書くか

講演者:野坂昭如

1970年8月19日 紀伊國屋ホール

再生時間:59分34秒

提供:新潮社

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

著者独特の文体は、いったいどこからきているのか? こどもの頃の俳句、川柳、落語好き。高校時代の文学的「しごき」。戦後の焼け跡の記憶。雑文家として様々な分野で活躍した後、ついに小説家としてデビューする。作家・野坂昭如ができるまでを熱く語る。

内容項目

小学校時代のつづり方/闇市には入れず/作家・織田作之助のイメージ/放浪の果ての文学者宣言/週刊誌で雑文家デビュー/文体を「へそ」にして小説家へ

講演者紹介

野坂昭如

1930(昭和5)年、神奈川県生れ。早稲田大学文学部仏文科中退。1963(昭和38)年、『エロ事師たち』を発表する。1968(昭和43)年、『アメリカひじき』『火垂るの墓』で直木賞を受賞、一躍マスコミの寵児となる。2015(平成27)年逝去。


この作品を聴いた方におすすめ

関連書籍の情報・購入

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。

作家自作を語る