LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

荒茶の湯

荒茶の湯

講談師:神田春陽

再生時間:17分58秒

提供:スロウカーブ

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

張り扇で釈台を叩き「パパン」という音を響かせて調子良く語る、江戸時代から伝わる日本伝統の話芸「講談」。講談協会に所属する真打を中心とした生粋の講談師たちによる、由緒正しき寄席で行われた高座を録音した実況音源!


内容紹介

太閤秀吉亡き後、天下取りに動き始めた徳川家康。その為には豊臣方の有力大名を自分の味方に引き入れる必要がありました。そこで家来の本多佐渡守に命じ、一計を案じさせました。佐渡守は自分の屋敷の中にお茶室を作ります。そして、豊臣方の7人の大名に茶の招待状を出しました。

講談師紹介

神田春陽

平成12年10月 神田すみれに師事
平成18年4月 二ツ目昇進

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。