LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

松井須磨子

松井須磨子

講談師:桃川鶴女

再生時間:22分17秒

提供:スロウカーブ

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

張り扇で釈台を叩き「パパン」という音を響かせて調子良く語る、江戸時代から伝わる日本伝統の話芸「講談」。講談協会に所属する真打を中心とした生粋の講談師たちによる、由緒正しき寄席で行われた高座を録音した実況音源!


内容紹介

カチューシャの唄で一世を風靡した、明治、大正期の近代劇女優、松井須磨子。炎のような、破天荒な、非凡な天才。「カチューシャかわいや、わかれのつらさ、せめて淡雪とけぬ間も、神に願いを(ララ)かけましょか」この唄のように島村抱月との恋に生き、自ら幕を引くという、まさに演劇そのものの人生の一席。

講談師紹介

桃川鶴女

第一共永阿部社長(舟木一夫育ての親)宅へ、歌手修行として住み込む。スクールメイツ養成所東京音楽院で歌手になる勉強(同窓の先輩は沢田研二、森進一、布施明、小柳ルミ子、キャンディーズなど)。秋月ともみ先生につき、本格的に歌手レッスン。
同氏の薦めで昭和48年12月田辺一鶴に入門。
昭和49年春 本牧亭にて初高座、「11PM」「13時ショー」「トゥナイト」「キッチンパトロール」など出演。
昭和53年より講談バス(都内歴史案内)を受け持つ。
本牧亭を中心に講談の前座、二ツ目の修行。地元では地域寄席を開き、意欲と情熱を燃やし後継者の増大に努力。真打の披露に至る。
平成16年4月 田辺改め桃川鶴女として独立。

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。