「LisBo(リスボ)」なら、作家・学者・実業家の講演の他、落語や朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

私の着想法 ―小説作法―

私の着想法 ―小説作法―

講演者:松本清張

1981年10月2日 スタジオ200

再生時間:1時間25秒

提供:新潮社

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

小説を書くヒントやアイデアを作家はいつ、どのように得るのか? 物語の舞台の設定、事実と創作との違い、執筆の舞台裏をたっぷりと語る。また古来、文豪、偉人たちの妻はみな悪妻で、夫はその苦悩から逃れるために、あるいは反発して偉大な仕事を成し遂げたという。著者独特のユーモアを存分に交えた絶妙の文学論。

内容項目

小説のヒントをどのように得るか/『ゼロの焦点』『波の塔』『点と線』などの場合/森鷗外の家庭事情/文豪の妻はみな悪妻/伊能忠敬、岡倉天心の妻たち

講演者紹介

松本清張

1909(明治42)年生まれ。1953(昭和28)年『或る「小倉日記伝」』で芥川賞受賞。1958(昭和33)年『点と線』『眼の壁』がベストセラーになり、社会派推理小説ブームを起こす。以後、数々の名作小説を世に送り出す他、古代史、近現代史の研究、評伝など、幅広い活躍で戦後日本文学史に偉大な名を刻んだ。1992(平成4)年逝去。


関連書籍の情報・購入

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。

作家自作を語る