「LisBo(リスボ)」なら、作家・学者・実業家の講演の他、落語や朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

【朗読】wisのアンデルセン「絵のない絵本」

【朗読】wisのアンデルセン「絵のない絵本」

著者:アンデルセン(山室静訳)

朗読:wis

再生時間:2時間47分11秒

提供:響林社

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

『絵のない絵本』は、感受性の強いアンデルセンが世界各地を旅行して回ったときの体験を元に、月が見てきた物語を一人の貧しい青年に語りかけるという形をとる。
話は世界中を舞台にして、ヨーロッパ、インド、中国、アフリカと色々である。
月が1月に1回少しの時間、光を照らして覗いた出来事を語るのだが、どれも、人間に対する愛情、貧しい庶民へのいたわり、神への敬虔な祈りなどがにじみ出ている。
「どの一編もやわらかい微光を放つ真珠の玉で、この玉が首飾りのようにみごとな輪をつくり、円光となって読者をつつむ」(児童文学者の堀尾青史氏)。
底本は、童心社の絵本で、いわさきちひろの挿絵によって更に作品の魅力が増している。

内容項目

絵のない絵本1
絵のない絵本2
絵のない絵本3
絵のない絵本4
絵のない絵本5
絵のない絵本6
絵のない絵本7
絵のない絵本8
絵のない絵本9
絵のない絵本10

作家、出演者情報

wis氏は、透明感のある声の女性朗読家です。


この作品を聴いた方におすすめ

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。

作家自作を語る