LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

私の文学

私の文学

講演者:三浦哲郎

1972年11月18日 角館図書館後援会

再生時間:1時間4分27秒

提供:新潮社

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

遺伝にかかわる病気、姉の死の真相、兄の失踪…。過酷な運命を背負い、多感な青春時代を過ごし、文学と出会い、大学に入り直し、やがて作家として出発するまでを赤裸々に語る。著者の学的魂を理解する上できわめて重要な、かつ心に深く迫る貴重な講演。

内容項目

産婆さんの貴重な言葉/姉、兄の事/軍国少年として予科練へ/小説『晩年』との出会い/中学校教員として赴任/家族の血について考える/小説家として生きる

講演者紹介

三浦哲郎

1931(昭和6)年、青森県に生まれる。早稲田大学第一文学部卒業。在学中に新潮同人雑誌賞受賞。1961(昭和36)年、『忍ぶ川』で芥川賞受賞。東北の風土に根差した情緒あふれる作品や自らの生い立ちを描いた作品で多くの読者を得る。芸術院会員。2010(平成22)逝去。


関連商品・関連情報

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。