「LisBo(リスボ)」なら、作家・学者・実業家の貴重な講演が聴き放題。登録月は末日まで無料でご利用いただけます。

文芸

現代小説のおすすめ

「博士の愛した数式」「妊娠カレンダー」などで知られる作家、小川洋子の短編小説をご紹介します。ウィーン行きの飛行機で乗り合わせた男。彼の語る、ウィーンで布地屋を営むという小さな老女の話に惹き込まれ…「飛行機で眠るのは難しい」。まぶたの美しい15歳の少女と中年男性N。逢瀬を重ねる男の部屋で、いつも感じる奇妙な視線の持ち主は…「まぶた」。小川洋子の世界を、女性朗読家・wisの透明感のある声でお楽しみ下さい。

名作・古典のおすすめ

今回のおすすめは、近現代日本文学を代表する作家・坂口安吾の作品です。新聞の「身の上相談」の熱狂的な愛読者であり、投書マニアである虎二郎。悩みをでっち上げては投書を繰り返すが…「人生案内」。恋愛や人生というものは結局、最後は一人になってしまう孤独なもの。日本人としての恋愛観・人生観を綴った「男女の交際について」。宮本武蔵の逸話を例に出しながら、“青春”について独自の感性で語った「青春論」。そして、良妻はもらうな! 悪妻をもらえ!と自身のこだわりを交え、面白可笑しく綴った「悪妻論」。どうぞお聴き下さい。

詩歌のおすすめ

「鎌田弥恵、童謡を読む」をご紹介します。北原白秋、野口雨情、西條八十、そして金子みすゞ。美しい日本語で紡がれた童謡・唱歌の名編71編を、ラジオドラマ「君の名は」で名を馳せた当代随一の“語り”の名手・鎌田弥恵さんが朗読でお届けします。発見と感動に満ちた“童謡詩”の世界をゆっくりとお楽しみ下さい。

民話・童話のおすすめ

世代を問わず楽しめる、グリム兄弟の名作をご紹介します。お姫さまが、大切にしていた金の鞠を泉に落としてしまいます。泣き悲しんでいるお姫さまの前にカエルが現れて…「かえるの王子様」。ヘンゼルとグレーテルはとても仲の良い兄妹。しかし口減らしのため、意地の悪い継母に森へ連れて行かれ…「ヘンゼルとグレーテル」。長年仕えてきた主人から逃げ出した動物たち。町の楽隊に雇ってもらうため、ブレーメンの町を目指しますが…「ブレーメンの音楽隊」。そして、七人の小人に見守られた美しい姫と、彼女を殺そうとする女王の物語「白雪姫」。童心に返り、お楽しみ下さい。

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。

作家自作を語る