LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

現代小説のおすすめ

「博士の愛した数式」や「薬指の標本」、「妊娠カレンダー」などで知られる、芥川賞受賞作家・小川洋子さん。彼女の代表作の一つ「人質の朗読会」をご紹介します。南米で反政府ゲリラの人質となった日本人たち。極限の状況下で、彼らは一夜に一人ずつ、自らのささやかな体験を語る朗読会を開いていた…。心の奥深くに染み渡る名作をプロの朗読でお聴き下さい。

名作・古典のおすすめ

今から52年前の2月14日、63歳で亡くなった文豪・山本周五郎。彼の名作がオーディオブックになりました。「雨あがる」(朗読:日下武史) 、「凍てのあと」(朗読:有川博) 、「将監さまの細みち」(朗読:長山藍子) 、「裏の木戸はあいている」(朗読:佐藤慶) 、「葦は見ていた」(朗読:江守徹) 、「ちゃん」(朗読:名古屋章) 、「武家草鞋」(朗読:鈴木瑞穂)。周五郎の描く人情物語を名優たちの声でご堪能下さい。

名作・古典のおすすめ

今回は「吾輩は猫である。名前はまだ無い。」の書き出しで有名な、夏目漱石の処女小説「吾輩は猫である」をご紹介します。中学校の英語教師・珍野苦沙弥の家に迷いこんで飼われている一匹の猫。その猫の目に映るのは、珍野一家を取り巻く人間模様、そして小事件の数々…。人間社会を猫の視点から風刺的に描いた快作です。明治・大正時代を代表する文豪・漱石の饒舌の才能が遺憾なく発揮された本作を、プロの朗読でお楽しみ下さい!

伝記・ノンフィクションのおすすめ

「デール・カーネギーの知られざるリンカーン」をご紹介します。不遇な青年時代を送った、第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーン。彼はどのように苦難を乗り越え、自己変革を行っていったのか…?「人を動かす」「道は開ける」に先立って執筆された、カーネギーによる古典的名著です。どうぞオーディオブックでお聴き下さい。

詩歌のおすすめ

今回おすすめしたいオーディオブックは「鎌田弥恵、童謡を読む」です。北原白秋、野口雨情、西條八十、そして金子みすゞ…。美しい日本語で紡がれた童謡・唱歌の名編71編を、ラジオドラマ「君の名は」で名を馳せた当代随一の“語り”の名手・鎌田弥恵さんが朗読でお届けします。発見と感動に満ちた“童謡詩”の世界をゆっくりとお楽しみ下さい!

民話・童話のおすすめ

“日本のアンデルセン”、そして“日本児童文学の父”と称された小川未明。創作童話を意欲的に発表し、79歳で没するまでに1200編に及ぶ作品を残しました。美しい文章で語られる未明の世界は、子供だけでなく大人も魅了されるでしょう。「小川未明童話全集」、おすすめのオーディオブックです。どうぞ目を閉じて、至福のひとときをお過ごし下さい。

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。