LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

「知を聴く」

スマートフォンやパソコンで、講演、法話、落語、講談、朗読などの音声が聴き放題。
LisBo(リスボ)は月1,500円(税別)の定額制サービスです。まずは無料体験をお試し下さい。

講演のおすすめ

文芸評論家・寺田透の1968年の講演「近代詩以降」。日本における“近代詩”の始まりはどこにあるのか。そもそも“近代詩”とは何なのか。北村透谷と島崎藤村、蒲原有明と薄田泣菫、伊良子清白と横瀬夜雨、北原白秋と石川啄木など、それぞれの詩人の表現の特徴を比較し、具体的に見ていくことで、“近代詩”をめぐる問いへの答えを探った名講演です。どうぞご堪能下さい。

落語のおすすめ

落語家として初の人間国宝に認定された、五代目柳家小さんによる滑稽噺をご紹介。冬の寒い夜、屋台を引いて歩く鍋焼きうどん屋。そこに千鳥足の男が寄って来て…「うどん屋」。お隣から猫が食べ残した鯛の頭と尻尾をもらった熊五郎。訪ねてきた兄貴分がそれを見て、鯛が丸一匹あると勘違いし…「猫の災難」。仲良く毎日のように碁を打っている大旦那二人。しかし、「待った」を巡って喧嘩になり…「笠碁」。伝説の名人芸をとくとご堪能あれ!

名作・古典のおすすめ

4月23日は「シェイクスピアの日(Shakespeare Day)」。そこで今回は、彼の有名な戯曲をご紹介。モンタギュー家とキャピュレット家。仇敵同士の名家に生まれた男女の恋の行方は…「ロミオとジュリエット」。自らの肉1ポンドを担保に、借金をした商人アントーニオ。しかし船の難破で、返済が困難になり…「ヴェニスの商人」。生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ。毒殺された父の復讐を誓う、デンマーク王子の運命は…「ハムレット」。妖精パックの恋の魔法で、四人の若者は散々な目に…。傑作喜劇「夏の夜の夢」。オーディオブックならではの圧倒的な表現力をお楽しみ下さい!

コミュニケーションのおすすめ

世界一のサクセスコーチと呼ばれるアンソニー・ロビンズ、不動産投資のロバート・キヨサキ、マーケティングの天才ジェイ・エイブラハム、販売心理学のブライアン・トレーシーなど、各分野の“世界一”と同じ舞台に立つハイパープレゼンター・大森健巳さん。彼の著書「なぜあの人が話すと納得してしまうのか? 」がオーディオブックになりました。超一流は“Win-Win”なんて言わない?従来の概念を覆す「バリュークリエイト交渉術」を身に付ければ、あなたも交渉の達人に!

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。

作家自作を語る