LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

「知を聴く」

スマートフォンやパソコンで、講演、法話、落語、講談、朗読などの音声が聴き放題。
LisBo(リスボ)は月1,500円(税別)の定額制サービスです。まずは無料体験をお試し下さい。

講演のおすすめ

5月24日は、戦後日本を代表する東洋史学者・宮崎市定の命日。そこで今回は、彼の1969年の講演「論語の新しい読み方」をご紹介します。日本人にとって大変身近な外国古典である反面、漢代以降の山のような注釈が難解な書物「論語」。宮崎はその点について、「論語」が聖典として特別扱いされてきたことに起因するのでは、と推測します。誤記が疑われるような箇所まで、無理に解釈しようとしたのではないのかと…。時代が変わっても色褪せない名講演です。どうぞお聴き下さい。

落語のおすすめ

堅苦しく格式ばった落語はとっつきにくい?安心して下さい!そんな方々におすすめしたい作品の登場です。その名も「春風亭勢朝のいいかげんな落語」。虚実を交えた落語家のゴシップを得意とする春風亭勢朝が、毎回テーマに沿ったオープニングトークと古典落語を披露。「金明竹」「紀州」「子別れ」「荒茶」「お血脈」「子ほめ」「たいこ腹」「たらちね」…“いいかげんな落語”をどうぞお楽しみ下さい!!

名作・古典のおすすめ

5月22日はアーサー・コナン・ドイルの誕生日。そこで、今回ご紹介する作品は「シャーロック・ホームズ傑作選」。ドイルの自薦第1位「まだらのひも」、第2位「赤毛連盟」、第3位「踊る人形」をはじめ、「ボヘミアの醜聞」や「唇のねじれた男」など珠玉の10作品を厳選した人気のオーディオブックです。あなたもホームズと一緒に事件の謎を解いてみませんか?

雑学のおすすめ

今回のおすすめは「笑う ことわざ ショートショート ベスト100」。「ああ言えばこう言う」「開いた口が塞がらぬ」「言うは易し行うは難し」「一寸先は闇」「鰻の木登り」「海千山千」など、“100のことわざ”をお題にしたシチュエーションコント集です。聴けば聴くほどジワジワ来るはず!1編2分程度なので、ちょっとした空き時間に楽しめて、勉強にもなってしまう話題のオーディオブックです。

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。

作家自作を語る