LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

講演のおすすめ

8月10日は、フランスを中心とした経済史・経済思想・社会思想の研究で知られる河野健二の命日。そこで今回は、河野氏による講演「産業革命の時代」をご紹介します。産業革命はどのように起こったのか。そして、その結果として何がどう変わったのか。“産業革命の時代”を単なる技術的進歩や経済的変化としてではなく、政治体制・哲学・思想・科学・社会状況と連動する変革の時代として捉えた、1967年の名講演です。どうぞお聴き下さい。

講演のおすすめ

高坂正堯の連続講演「歴史としての二十世紀」をご紹介します。人類にとって、二十世紀は如何なる時代であったのか。国際政治学の第一人者が「戦争の世紀―世界戦争と局地戦争」「恐慌―大成の前の試練」「共産主義とは何だったのか」「繁栄の二十五年」「大衆の時代―資本主義と民主主義」「異なる文明との遭遇」と題した六回の講演を通し、時代の転換点を分かりやすく解説しました。国際社会の現実を冷徹に見つめてきた高坂の貴重な声の記録です。どうぞご堪能下さい。

講演のおすすめ

7月31日は、がん闘病の末に自ら死を選んだ作家・吉村昭の命日。そこで今回は、彼が自作について語った講演をご紹介します。「人間を支配するもの 『海の鼠』をめぐって」(1973年)、「小説『仮釈放』について」(1988年)、「『長英逃亡』について」(1989年)、「『桜田門外ノ変』について」(1990年)、「『プリズンの満月』創作ノート」(1995年)、「『生麦事件』について」(1998年)。記録文学や歴史小説で多くの名作を残した吉村の貴重な声の記録です。どうぞお聴き下さい。

講演のおすすめ

7月26日は、星新一・筒井康隆と共に“日本SFの御三家”と称された小松左京の命日。終戦による価値観の転換、科学への接近、そしてSFとの出会い…。小松が自らの思想遍歴を語った、1968年の講演「科学と文学」。科学・哲学・政治・経済・歴史について、12人の学者と対談した小松。その対談に取り組んだ動機と内容を語った、1972年「日本沈没」脱稿直前の講演「地球を考える」。2つの貴重な講演記録をLisBo(リスボ)で配信中です。どうぞご堪能下さい。

講演のおすすめ

芥川賞受賞作家・三浦哲郎の講演をご紹介します。自身の過酷な運命、文学との出会い、作家として出発するまでを赤裸々に語った「私の文学」。亡き母の得意料理だった鱈汁にまつわるエピソードから、自らの生い立ちを振り返った「鱈汁の肝」。国際ペンクラブに招かれた旅の思い出や、ベニスでの出来事などを披露した「わが文学生活」。そして、小説を書くきっかけになった様々なエピソードを交えた「短編小説について」。どうぞお聴き下さい。

講演のおすすめ

先月6日に91歳でお亡くなりになった、芥川賞作家で文化勲章受章者の田辺聖子さん。古典文学に造詣が深く、翻訳・翻案も精力的に手掛けた田辺さんが「源氏物語」を楽しいおしゃべりで説き明かしました。登場人物たちの複雑な心情や人間関係がスーッと頭に入ってくる、全36回の名講演です。田辺さんの優しい声で、どうぞ平安王朝の風を感じて下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。