「LisBo(リスボ)」なら、作家・学者・実業家の講演の他、落語や朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

私の好きな日本人

私の好きな日本人

講演者:城山三郎

1974年5月17日 紀伊國屋ホール

再生時間:59分21秒

提供:新潮社

続きが気になる方は会員登録画面に進み、月末までの無料体験をお試し下さい!

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

戦前日本の有数の企業グループ「鈴木商店」を率いた金子直吉の魅力的な生涯、「吸収」「建白」「結合」を通じて近代日本の礎を築いた渋沢栄一の情熱、そして悲劇の宰相広田弘毅の清冽で潔い生き方――。城山三郎が、代表作の主人公たちの人間的魅力について語る。

内容項目

“白鼠”金子直吉とその時代/機を見るに敏な投機的商法/鈴木商店は何故倒産したか/“稀代の吸収魔”渋沢栄一/渋沢が近代日本のリーダーになった理由/広田弘毅の青年時代/「自らのために計らわない」という信条

講演者紹介

城山三郎

1927年名古屋生れ。海軍特別幹部練習生として終戦を迎えた。一橋大学卒業後、愛知学芸大学に奉職、景気論を担当。58年、『総会屋錦城』で直木賞を受け、経済小説の開拓者となる。『落日燃ゆ』『男子の本懐』『毎日が日曜日』『指揮官たちの特攻―幸福は花びらのごとく―』など、多彩な作品群は幅広い読者を持つ。2007年、逝去。


関連商品・関連情報

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す