LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

日本中世の平民と職人(1)

日本中世の平民と職人(1)

講演者:網野善彦

1979年10月2日 岩波市民講座 岩波ホールにて収録

再生時間:1時間52分44秒

提供:岩波書店

続きが気になる方は会員登録画面に進み、月末までの無料体験をお試し下さい!

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

百姓はなぜ年貢の納入を拒否しなかったのか。この素朴な疑問を出発点に日本中世の「自由民」のあり方を考察、後に「網野史学」と呼ばれる斬新な日本史像へと展開する原型の一つとなった新書『日本中世の民衆像―平民と職人』は、この講演を下敷きとして再構成された。史料に現れる言葉の徹底的な吟味と、常識にとらわれない発想、著者独自の探究の過程が生き生きと語られる。

講演者紹介

網野善彦

1928年山梨県生まれ。歴史家。東京大学文学部国史学科卒業。名古屋大学助教授、神奈川大学短大教授、神奈川大学経済学部特任教授などを歴任。日本中世史を中心に幅広い研究・執筆活動を行った。『中世荘園の様相』、『蒙古襲来』、『無縁・公界・楽』、『日本中世の非農業民と天皇』ほか多数の著作がある。2004年2月没。

注釈

平民(へいみん)

本講演では、中世社会における被支配身分のうち、特定の人に隷属しない「自由民」で、年貢・公事の負担の義務を負っている存在を指す。「百姓」とほぼ同義だが、農民以外も含むことからこの表現が用いられる。

公事(くじ/くうじ)

荘園制における年貢以外の雑税・賦役の総称。ここでは「共同体の行事に対する成員の負担」の意味を強調している。

職人(しょくにん)

専門的な職能をもって貴顕や寺社に奉仕し、年貢・空自の負担義務を一部または全部免除される特権を有する人々。手工業者を指す場合が多いが、著者は芸能民・宗教者など広く非農業民も含めた意味に用いる。

職人歌合(しょくにんうたあわせ)

種々の職人の生業を歌合絵の形式で表現したもので、中・近世に盛んに制作された。社会風俗史の重要史料。

シリーズ一覧

・日本中世の平民と職人(1)
日本中世の平民と職人(2)

関連商品・関連情報

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す