「LisBo(リスボ)」なら、作家・学者・実業家の講演の他、落語や朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

イスラーム哲学の原点(1)――神秘主義的主体性のコギト

イスラーム哲学の原点(1)――神秘主義的主体性のコギト

講演者:井筒俊彦

1979年5月22日 岩波市民講座 岩波ホールにて収録

再生時間:1時間32分27秒

提供:岩波書店

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

回教神秘主義(スーフィズム)の真の内実は門外不出の秘教としてほとんど知られていない。存在零度の局所に成立した神秘主義的主体が、翻ってなまの体験から一歩退いて哲学的主体となる、その神秘主義的体験から哲学的思惟への切り替えがどんなところに、どのように成立するのか。その過程のうちにイスラーム哲学の原点の一つを探る。

講演者紹介

井筒俊彦

1914―1993年。イスラーム学者、東洋思想研究者。慶應義塾大学名誉教授。日本で最初の『コーラン』の原典訳を刊行し、ギリシア哲学、ギリシア神秘主義と言語学の研究に取り組んだ。後期には仏教思想・老荘思想・朱子学などを視野に収め、東西の哲学・宗教を横断した独自の「井筒哲学」を構築した。著書に『神秘哲学』『ロシア的人間』『イスラーム哲学の原像』 『意識と本質』 『意味の深みへ』『井筒俊彦著作集』(全12巻、1991−1993)など。

シリーズ一覧

・イスラーム哲学の原点(1)――神秘主義的主体性のコギト
イスラーム哲学の原点(2)――神秘主義的主体性のコギト

関連商品・関連情報

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。

作家自作を語る