LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

人間論(1)

人間論(1)

講演者:真下信一

1968年8月9日 農協ホール

再生時間:1時間38分0秒

無料サンプル再生時間:

提供:岩波書店

続きが気になる方は会員登録画面に進み、月末までの無料体験をお試し下さい!

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

真下は、諸科学の個々の面からではなく、戦後における「人間」を網羅的に捉えるため、次の順序によって考察することを提案する。第一に、「汝自身を知れ」という哲学の中心問題となっているか。第二に、人類と他の生物の差異性。第三に、自由・自己疎外・責任を持つ、主体としての人間(Who is the man?)についての考察。第四に、生きがいや幸福を追求する世界的風潮における人生論(Who am I?)。これらの順序を踏まえ、「人間」を総合的に考察する。

講演者紹介

真下信一

1906年京都府福知山市生まれ。1985年没。哲学者。京都府立一中、第三高等学校を経て京都帝国大学文学部哲学科に進む。名古屋大学名誉教授。中井正一、新村猛らと雑誌『世界文化』を創刊。1939年に治安維持法違反の容疑で検挙される。著書として『思想の現代的条件 一哲学者の体験と省察』(1972年、岩波書店)『いかに生きるかいかに学ぶか』(1985年、新日本出版社)など多数。

注釈

唯物論

すべての根底には物質があり、それを重視する考え方。この考え方からは、霊魂、精神、意識などのものは認められない。対立する考え方に観念論がある。

進化論

神の力ではなく、根底にある物質から生命が作られ、それが様々な生物へと発展したという考え方。唯物論の一種と考えられている。1859年にダーウィンが体系的に論じたことにより、広まった。

観念論

物質ではなく、精神などを万物の根源とする考え方。何を世界の原理とするかは論者によって様々である。

シリーズ一覧

・人間論(1)
人間論(2)
人間論(3)

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。