LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

科学の本質とその限界

科学の本質とその限界

講演者:中谷宇吉郎

1958年4月22日 伊那

再生時間:33分6秒

無料サンプル再生時間:

提供:岩波書店

続きが気になる方は会員登録画面に進み、月末までの無料体験をお試し下さい!

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

科学がもてはやされる今日、事が起こるたびに科学者が口を出すのは奇妙な現象。科学には限界があるのに、多くの人が科学は万能と思い、科学を妄信していることを憂える。では、科学が万能でないとはどういうことか、自然と科学はどのような関係にあるのか、科学の本質とは? 身近な例や科学の方法論を通してやさしく説く。

講演者紹介

中谷宇吉郎

1900年石川県生れ。1925年東京帝国大学理学部物理学科を卒業、理化学研究所の寺田寅彦のもとで電気火花の研究を行なう。1928年イギリスに留学。1930年帰国後、北海道帝国大学に移り1932年に教授。この年から雪の結晶の研究を開始した。1935年に創設された低温研究室で人工雪の研究に着手。これら雪の研究によって1941年に学士院賞を受賞。この授賞式のときの「雪は天から送られた手紙である」という言葉でも知られる。この年低温研究所が発足、主任研究員となりさらに着氷、永久凍土、冠氷などの研究を進めた。文化映画「雪の結晶」の製作指導や、随筆家として健筆をふるうなど多角的な活動もした。1962年没。


関連商品・関連情報

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。