LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

【朗読】wisの川端康成③「雪国」(2)

【朗読】wisの川端康成③「雪国」(2)

著者:川端康成

朗読:wis

再生時間:2時間12分49秒

提供:響林社

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

【解説】 「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。」の冒頭部分が有名な川端康成の代表作。雪国の温泉宿を舞台に、妻子のある島村と、土地の芸者である一途な駒子の揺れ動く心の襞を軸に、彼女とも知り合いの美しい葉子への関心と平行しながら描かれる。雪国の雪の白さ、冷たく澄みきった空気の透明感や緊張感、温泉の温かさや湯煙、突き抜けるような青空、列車の汽笛、そして駒子の肌の感触、女性2人の美しい声、火事の紅い炎と熱気・・・五感に訴える哀しくも美しい川端美学の結晶的な作品。作品は、トンネルの向こうに広がる雪国の駅に着いたときの葉子の様子、その温泉地での島村と若芸者駒子との出会いの回想から始まる。【ナレーション】wis

内容項目

雪国11
雪国12
雪国13
雪国14
雪国15
雪国16
雪国17

作家、出演者情報

wis氏は、透明感と落ち着きのある声で親しまれている女性朗読家です。

作品一覧

本作は分割収録となり、以下の項目にて1つの作品となっています。タイトル末尾のカッコ付きの数字が順序となります。各項目にはそれぞれのリンクから移動して再生して下さい。

【朗読】wisの川端康成③「雪国」(1)
【朗読】wisの川端康成③「雪国」(2)

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。

作家自作を語る