LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

巌谷小波童話集 短話編 2 (1)

巌谷小波童話集 短話編 2 (1)

著者:巌谷小波

再生時間:3時間12分54秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

子どもの想像力を豊かに育む 昔話とファンタジーの読み聞かせオーディオブック
お子様が集中して聴けるよう、お話は1話10分程度。プロとして活躍する朗読家や声優、ナレーター達が感情豊かに読み上げます。

巌谷小波は文部省唱歌「ふじの山」や童謡「浦島太郎」の作詞者としても知られている童話作家です。今日有名な『桃太郎』や『花咲爺』などの民話や英雄譚の多くは彼の手によって再生されて、読者の手に届いたもので、日本近代児童文学の開拓者というにふさわしい業績を上げている作家でもあります。その後には、創作童話も作り上げて、作家としての地位を確立すると共に、内外の昔話や名作をお伽噺として平易に書き改める仕事のほか、童話の口演や戯曲化も試みていきました。

「砂の宮」
 太郎は毎日お庭の隅にある砂場で毎日遊んでいましたが、あまりに砂遊びが面白くて、夕方のご飯に呼びに来ても、二三度呼びに行かなければ、帰って来ない程でした。
 ある日、太郎は砂の山にトンネルを掘って、汽車を通して遊んでいました。そのトンネルは次の日まで置いておくことにしましたが、犬が壊したりしないか、雨でも降って崩れはしまいかと、気が気ではありません。
 とうとう、床から抜け出して砂場に向かった太郎でしたが、そこでトンネルの側に、背の丈が三寸もない小人を見つけたのでした……

「兎の三太郎」
三太郎は狩りが好きでしたが、あまり上手ではありませんでした。ある日も鉄砲を持って狩りに出掛けましたが、一匹も獲物は捕れません。そのうちにくたびれて、切り株に寄りかかってタバコを吸っていましたが、その時、後ろの方でドウンという音がしました。
三太郎が振り向くと、片足を撃たれた兎がびっこを引いていました。さすがにこれなら逃すまいと、三太郎が鉄砲を向けると、兎は手を合わせて命乞いをしました。
「怪我をしたお父さんにおくすりを持って行かせてください。おくすりさえ届ければ、私はまたここに戻って来て撃たれてあげますから」
 三太郎は涙ながらに訴える兎が可哀想になって、行かせてやったのですが……

収録しているお話(一部)

猿の腕時計
蜆の龍宮行
たんぽぽ
天人の足跡
虎の明神
つばくろ太郎
兎の三太郎
雪の山の神
白鳥の飛行機
龍の迷子
兎の渡し
猫のお礼
笑い小僧
コンコン小山
ワンワン太鼓

著者情報

巌谷小波(いわや さざなみ)

児童文学者、小説家、俳人。本名季雄 (すえお) 。 1870年東京生まれ。1887年、尾崎紅葉らの硯友社に参加し、「文壇の少年屋」といわれるほど少年少女の純愛をテーマにした小説を多く書いたが、『こがね丸』 (1891) 以後は児童文学に専心。 95年創刊の『少年世界』の主筆として毎号作品を発表、「お伽噺 (とぎばなし) 」の新分野を開拓するとともに後進の指導にもあたり、明治の児童文学界に君臨した。

作品一覧

本作は分割収録となり、以下の項目にて1つの作品となっています。タイトル末尾のカッコ付きの数字が順序となります。各項目にはそれぞれのリンクから移動して再生して下さい。
巌谷小波童話集 短話編 2 (1)
巌谷小波童話集 短話編 2 (2)

シリーズ一覧

巌谷小波童話集 寓話編 1 (1)
巌谷小波童話集 寓話編 1 (2)
巌谷小波童話集 寓話編 2 (1)
巌谷小波童話集 寓話編 2 (2)
巌谷小波童話集 短話編 1 (1)
巌谷小波童話集 短話編 1 (2)
巌谷小波童話集 短話編 2 (1)
巌谷小波童話集 短話編 2 (2)


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。