LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

実説 城谷怪談 撰集八

実説 城谷怪談 撰集八

著者:城谷歩

朗読:城谷歩

再生時間:2時間7分52秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらからログインして下さい。

実説 城谷怪談

老若男女皆が楽しめる怪談語りを目指し、落語や講談にも似た独特な語り節、ノスタルジックな世界観に定評がある城谷歩による怪談。
幼い頃から自身でも不思議な怪体験を数多く持ち、更に聞き集めた種々の実体験を含めるとその数は数百にも及ぶ。
そうした現代の実話怪談、奇談の中から選りすぐりをお届けする。

内容紹介

「いいものがあるよ」(28分)
霊感の強いAさんの体験談。店を開業するにあたり、全国に散らばっている仲間たちと都内行きつけの居酒屋で飲んだ帰り、終電間際の某駅でのできごと。
酔っぱらった友人の一人が「電車が止まる」理由と「止まる駅は決まっていると」話し出す。ホームの端でふざけあっている内、Aさんは何者かに強く引っ張られ膝をついて四つん這いに。その視線の先にいたものは……。

「墓荒らし」(29分)
御存命であれば90代のお婆さんがまだ幼少の頃の話。彼女が生まれ育った田舎は、当時まだ土葬であった。
まだ小学校にも上がらない小さなころ、親戚の叔母が若くして亡くなった。通夜の晩、布団に入った彼女は、隣室にて一夜明かして起きている大人たちが、墓守を誰がやるかという相談を真剣にしている声を聞く。新仏の墓を暴く妖が出ると困ると難しい顔で話しあっているのだ。
その晩は何事もなく、葬儀まで滞りなく終わったのだが。初七日を迎えるころそれは彼女の部屋にやってきた。

「またくる」(35分)
50年輩のサトミさんは人生で二度、お風呂場でそれに出くわしている。
もともと気配や悪寒に敏感だった彼女が、小さい頃姉たちと留守番をしていた秋の日の夕暮れ、長姉の背中に張り付くように見えた黒い影に目を奪われる。やがて入浴しようと風呂場に向かったのだがいざ入ってみると、狭い風呂場に姉の姿はない、途端に体が熱く重くなり朦朧とした視界に蠢く者は長髪を振り乱し、異様に手足の長い人であって人でない何かだった。
やがて、「また来る」という謎の文言を残して姿を消してしまったのだが、サトミさんは数十年後再びソレと出くわすことになる。

「訪ねてくる女」(36分)
体験者がまだ新社会人だった二十数年前、就職先も決まり彼女も出来、都内某所の新しいマンションの角部屋に引っ越して間もない頃、出勤するのに部屋を出た朝7時にふと気づくと自分好みの綺麗な女性が廊下の奥に立っているのに気が付いた。
それから毎朝のようにすれ違い、ある日とうとう男女の一線を越えてしまう。逢瀬を重ねて一カ月、本命の彼女からかかってきた一本の電話から事の異変を知らされることになるのだが。

著者情報

城谷 歩(しろたに わたる) プロフィール

1980年2月16日生 北海道小樽市出身
15歳から舞台演劇を中心に俳優活動を始める。
その後、劇団深想逢嘘(2000年~2011年)を発足、主宰を務める。
様々な職種を経て2012年1月怪談師デビュー。怪談ライブバー スリラーナイト札幌本店で活動後、2014年から同六本木店オープンに合わせ上京。
外部出演、独演会開催、メディアへの出演多数。
2018年独立。公演情報などはHPにて。
https://www.shirotaniwatarunosekai.com/

■メディア
・「所さんの目が点」
・「大人養成所バナナスクール」
・「Rの法則」
・「柴田阿弥の金曜thenight」
他多数

■書籍
・恐怖怪談「呪ノ宴」(竹書房 単著)
・怪談師恐ろし噺「裂け目」(竹書房 単著)

■DVD
・「怪奇蒐集者」(楽創舎)
・「六本木怪談 呪・祟」(楽創舎)


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源または原文の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。