LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

ルオー:その人と芸術

ルオー:その人と芸術

講演者:高田博厚

1979年5月8日 京都

再生時間:1時間28分18秒

提供:岩波書店

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

『ルオー全版画』(1997年、岩波書店)刊行と東京と京都で開催された「ルオー展」を記念した文化講演会。ジョルジュ・ルオーの長女ジュヌヴィエーヴ・ヌアイエ・ルオーは、家庭内での父ルオーの思い出を語る。次女で『全版画』のカタログを執筆されたイザベル・ルオーは、晩年のルオーと画商アンブロワーズ・ヴォラールとのエピソードから、ルオーの人と芸術観を浮き彫りにする。最後に高田がルオーの芸術の本質について語る。

講演者紹介

高田博厚

1900―1987年。彫刻家。パリで制作、同時代のフランスの芸術家と交流。

注釈

『ルオー全版画』

代表作「ミセレーレ」ほか、「流れる星のサーカス」「悪の華」等の連作を中心に、ルオー自ら彫版した全版画と、創作過程を示す試版段階や中間段階の版画を収録。初めて刊行されたルオー版画の集大成(全2冊、1997年、岩波書店)。

アンブロワーズ・ヴォラール

1866―1939年。19世紀末から20世紀初頭フランスで活躍した美術商。ルオーをはじめ、セザンヌ、ピカソ、ゴーギャン、ファン・ゴッホらを支援。

関連商品・関連情報

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。