「LisBo(リスボ)」なら、作家・学者・実業家の講演の他、落語や朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

幾松と小五郎

幾松と小五郎

講談師:神田織音

再生時間:21分25秒

提供:スロウカーブ

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

張り扇で釈台を叩き「パパン」という音を響かせて調子良く語る、江戸時代から伝わる日本伝統の話芸「講談」。講談協会に所属する真打を中心とした生粋の講談師たちによる、由緒正しき寄席で行われた高座を録音した実況音源!


内容紹介

幾松は京都三本木で芸妓をしていた。桂小五郎との出会いは世相騒然たる幕末のある日、三本木の吉田屋で勤王派志士十数人の会合があった席、幾松が招かれた。幾松は志士小五郎の立居振舞いや、りりしい態度にひと目ぼれしてしまった。小五郎は幕府側、新撰組に狙われる身。そんな彼を幾松は命がけで守ろうとする・・・。

講談師紹介

神田織音

東京都出身
高校時代から芝居の勉強を始める。その後約十年芝居に携わる。
平成11年4月 神田香織に入門 講談協会所属(芸名 神田おりね)
平成11年9月 前座
平成15年4月 二ツ目昇進(芸名 神田織音)

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。

作家自作を語る