「LisBo(リスボ)」なら、作家・学者・実業家の講演の他、落語や朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

【朗読】wisの阿川弘之「鱸とおこぜ/スパニエル幻想」

【朗読】wisの阿川弘之「鱸とおこぜ/スパニエル幻想」

著者:阿川弘之

朗読:wis

再生時間:1時間30分31秒

提供:響林社

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

志賀直哉の弟子としても知られる阿川弘之の作品を音声化。人間臭く、ユーモア溢れる作品です。
阿川佐和子の父親でもある、作家阿川弘之。
海軍予備士官として、戦死した友や帝国海軍への鎮魂の思いを綴った『雲の墓標』『軍艦長門の生涯』『暗い波涛』など一連の海軍ものの小説で知られる。
志賀直哉に師事。
その滋味とユーモアに富む文章は読む人をすっと惹き込んでいく。
『スパニエル幻想』のスパニエルは飼い犬”コッカースパニエル”のこと。
そして、釣り客の獲物である”鱸(すずき)”と”おこぜ”。
これら2作品では人間臭いセリフを語らせている。
ジェラシーの象徴、雌犬トンと妻、藪医者びおこぜや生臭坊主の水母(くらげ)に翻弄される思考派の鱸(すずき)。
迷問答に思わず笑みがこぼれる。

内容項目

鱸とおこぜ
スパニエル幻想

作家、出演者情報

wis氏は、透明感のある声の女性朗読家です。


ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。

作家自作を語る