LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

源氏物語(二十三) 初音(はつね)

源氏物語(二十三) 初音(はつね)

著者:紫式部/与謝野晶子

再生時間:33分18秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

与謝野晶子による現代語訳を朗読しオーディオ化しました。

多様な人物たちの織り成す複雑な心理描写を、分かりやすく情感豊かに読み上げました。またそれぞれの帖の冒頭では翻訳者の与謝野晶子が、その帖の内容を一首の歌にして見事に表現しています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

源氏物語は、紫式部によって書かれた全五十四帖から成る長編小説。

期間にして74年、四代の天皇の御代に渡る壮大な物語であり、その文章の構成や美しさ、人物の心理描写の面などからも、日本の文学史上最古にして最高傑作とも言われています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

源氏物語 第二十三帖 初音(はつね)

新年を迎え、六条院の人々はうららかな新春を過ごしていた。

紫の上は、明石の姫君の歯固めの祝い(固いものを食べて歯を丈夫にし、長寿を願う)をおこなった。明石の君から、明石の姫君へ新春の祝いの手紙が届いていた。光源氏は幼い明石の姫君に直接返事を書かせるのであった。

源氏は六条院の女人たちを訪ねる。

花散里は、姿は衰えたものの穏やかな気質は変わらず、源氏にとって心がやすらぐ存在であった。玉鬘は、今を盛りの美しさである。

そののち明石の君を訪ねるが姿は見えず、硯のあたりに明石の姫君からの返信の手紙と、それに感じ入った和歌が書きちらされたままになっていた。源氏がそれを眺めていると明石の君が戻ってきた。明石の君の聡明さ、美しさに惹かれて、源氏は新春の第一夜をここで過ごす。翌朝早くに戻り、紫の上の機嫌を取る源氏であったが、紫の上はうちとけた返事もしなかった。

新年の宮中行事の後、源氏は二条院を訪ねる。

末摘花は、唯一の美点であった黒髪に白髪がまじり、気の毒なありさまであった。寒そうにふるえて話す様子に源氏は嘆息した。一方、空蝉は、尼らしく、つつましやかに暮らしていて、源氏は好ましく思うのであった。

この正月には男踏歌(おとことうか・男性だけで足を踏み鳴らして歌や舞をする)があった。男踏歌は御所、朱雀院で舞われたあと、六条院へきて歓待された。六条院の女人たちも見物し、このとき玉鬘は初めて紫の上と対面した。男踏歌には夕霧や内大臣の息子たちなどがいたが、源氏はわが子夕霧の歌声のよさを褒め、親らしく喜んだ。こうして新春の宴は、華やかにとめどなく続き、夜は明けていくのであった。


著者、翻訳者情報

作者:紫式部(むらさきしきぶ)

平安時代中期の女性作家、歌人。中古三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人。父は越後守・藤原為時。母は摂津守・藤原為信女。夫である藤原宣孝の死後、召し出されて一条天皇の中宮であった藤原彰子に仕えている間に『源氏物語』を記した。


現代語訳:与謝野晶子(よさの・あきこ)

作家、歌人。大阪府堺市生まれ。旧姓は鳳(ほう)。本名「志よう」。幼少時から文学や古典に親しみ、10代半ばで和歌を投稿するようになる。歌人・与謝野鉄幹が創立した新詩社の機関誌「明星」に歌を発表。鉄幹と恋仲となり鉄幹とともに上京し、処女歌集「みだれ髪」を刊行。のち鉄幹と結婚し、「小扇」「舞姫」「夢之華」などの歌集を刊行し、女流歌人としての名声を確立。その他作品には、「君死にたまうことなかれ」「常夏」「佐保姫」「春泥集」「青海波」「夏より秋へ」「朱葉集」「火の鳥」「太陽と薔薇」などがある。


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源または原文の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。