LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

解体新書の周辺

解体新書の周辺

講演者:吉村昭

1994年10月24日 角館図書館後援会

再生時間:1時間11分41秒

提供:新潮社

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

江戸時代、杉田玄白、前野良沢、ふたりの蘭方医が解剖書「ターヘルアナトミア」の翻訳に挑んだ。小説『冬の鷹』を執筆した著者が、解体新書をめぐる当時の様々なエピソードを紹介する。その後、杉田玄白は栄達し、前野良沢は貧窮する。鎖国していながら世界情勢を把握し、外国勢力に対抗しようと懸命に生きた多くの学者、文化人、庶民の人間模様を語る。

内容項目

江戸時代に人間の身体を切り開くということ/杉田玄白、前野良沢の驚き/翻訳の悪戦苦闘と虚構/その後の杉田玄白、前野良沢/平賀源内、小田野直武とのかかわり/開国前の社会情勢

講演者紹介

吉村昭

1927(昭和2)年、東京生まれ。学習院大学在学中から創作を始め、1966(昭和41)年、『星への旅』で太宰治賞を受賞する。同年『新潮』に発表された『戦艦武蔵』で脚光を浴び、以後、記録文学、歴史小説の分野で大きな足跡を残す。代表作に『ふぉん・しいほるとの娘』『破獄』『冷い夏、熱い夏』などがある。1997年、日本芸術院会員。2006(平成18)年逝去。


関連商品・関連情報

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。