LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

月刊・中谷彰宏99「耳から、イメージを共有しよう。」――使いやすい人になる仕事術

月刊・中谷彰宏99「耳から、イメージを共有しよう。」――使いやすい人になる仕事術

著者:中谷彰宏

再生時間:1時間4分57秒

提供:盛池育英会

すでに会員登録済みの方は、こちらからログインして下さい。

内容紹介

関西人はモテモテ。
なぜ、関西人はこんなにもモテるのでしょうか?
中谷さんは、こうおっしゃいます。
「関東は見る文化。関西は聴く文化。」
関西人は、耳からの情報でつねに感性を磨いている。
どうやらこれが理由のようです。
目から入る情報は、情報量としては大きい。
でも、逆に、自分が想像する部分は少ないのが難点です。
その点、耳からの情報――ラジオ、落語、おしゃべりは、
想像できる部分がとても豊富です。
埋められていない空間をどう想像するか。
想像する機会に恵まれていて、鍛えられている。
それが関西人なのです。
感性の磨き方、中谷さんから教わりました。

★こんな方にお奨めです♪

□面白い話ができるようになりたい方。
□想像力あふれる感性を身につけたい方。
□横柄だと言われたことがある方。

ゲスト:久瑠あさ美さん(メンタルトレーナー)
ゲスト:奈良巧さん(編集者)

内容項目

○「頼まれやすいことが、一流の条件。」
○「横柄さは微細なところに出る。」
○「音に、敏感になろう。」
○「メンタル力がある人は、黙って座っていられる。」
○「脳は、耳からの情報で鍛えられる。」
○「聴くことで、イメージが共有できる。」
○「無智だから、横柄になる。」

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源または原文の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。