LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

太宰治「散華」

太宰治「散華」

著者:太宰治

再生時間:40分44秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

“大いなる文学のために、死んでください。自分も死にます、この戦争のために”

私(太宰)の二人の友人の死についての話。ひとりは病気で、もうひとりは戦争で命を落とした。小説家を目指していた「三井君」と、詩人を目指していた「三田君」である。私は生前、三井君の小説も、三田君の詩もまったく認めていなかった。私は、このような戦争の時代に体が悪くて兵隊にもなれない三井君をあわれであると思うが、しかし一方で、母親を相手に寝ながら世間話をしている最中、ふと口を噤み、それきり静かに臨終を迎えた三井君の死を、比類が無い美しさであると思う。

“人間の最高の栄冠は美しい臨終以外のものではない”
小説の上手下手など、まるで問題にも何もなるものではない、と私は思う。

そして、徴兵されアッツ島の戦いで玉砕した三田君。彼から太宰へ宛てた最後の便り。その葉書に書かれていた文章に「私」は感動する。そして三田くんの最後の手紙を最高の詩であると認め、称賛する。

「散華」とは、花と散る、という意から、死ぬこと、特に若くして戦死することをいう。

太平洋戦争期における、太宰の死に対する思いや、そして文学への思い、覚悟について語られている。

著者、朗読者情報

太宰治 (だざい・おさむ)

津軽の大地主の六男として生まれる。共産主義運動から脱落して遺書のつもりで書いた第一創作集のタイトルは「晩年」(昭和11年)という。この時、太宰は27歳だった。その後太平洋戦争に向う時期から戦争末期までの困難な間も妥協を許さない創作活動を続けた数少ない作家の一人である。戦後「斜陽」(昭和22年)は大きな反響を呼び、若い読者をひきつけた。


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。