LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

フランツ・カフカ「変身」

フランツ・カフカ「変身」

著者:フランツ・カフカ

再生時間:3時間30分35秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

ある朝夢から目覚めると、毒虫になっていた。

突然虫になってしまった男と、その家族の生活という日常。あまりにも非日常的な出来事には、説明も何もない。ただ、【突然虫になってしまった】事実があるのみである。

「この子は虫じゃない。私達の家族だもの。」

そんなこと、現実では有り得ない。目の前に居るのは、どう見ても毒虫である。ただ、それだけ。

家族を養えず、母親を気絶させ、下宿人を追い出そうとする、そんな虫が、家族である訳がない――。


20世紀を代表する不条理小説として、現代でも必読書に挙げられることの多いカフカの「変身」。本作では実力派の朗読家が、非日常の日常を、淡々と冷ややかに読み上げる。


人間のエゴや弱さを鋭く突く、問題作。


著者、朗読者情報

フランツ・カフカ(1883年7月3日~1924年6月3日)

チェコ生まれ。ユダヤ系ドイツ人で作家。非日常的な事象を日常に落とし込み淡々と描き、夢のような独特な小説を多く残す。20世紀の文学を代表する作家の一人。

生前は「変身」など数冊がごく一部で評価されていたに過ぎなかったが、死後、遺稿「審判」「城」といった作品が、友人であったマックス・ブロートの手によって発表され、第二次世界大戦中に、サルトル、カミュらに評価されることで、世界的に注目された。


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。