LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

心と体の不調を解消する アレクサンダー・テクニーク入門

心と体の不調を解消する アレクサンダー・テクニーク入門

著者:青木紀和/日本実業出版社

再生時間:3時間34分48秒

無料サンプル再生時間:

提供:パンローリング

再生速度
  • x0.5
  • x0.75
  • x1
  • x1.25
  • x1.5
  • x2
  • x3
  • x4

続きが気になる方は会員登録画面に進み、月末までの無料体験をお試し下さい!

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

心身の不要な緊張を取り除き、腰痛・アガリ・不眠などの不調を解消するボディワークとして、音楽家などが取り組んでいる「アレクサンダー・テクニーク」を、一般読者向けに解説。仕事や生活をするうえで、常に高いパフォーマンスが維持できるカラダをつくる!

内容項目

はじめに

第1章 「アレクサンダー・テクニーク」とは何か
余計な力を抜けば、すべての不調は改善に向かう

■ あなたの体は大丈夫? まずはセルフチェックしてみよう
■ 採血やゴルフ、プレゼンの前に「力を抜いて」と言われた人は要注意
■ 余計な力を入れてしまう人かどうかは歯磨きをすればわかる
■ なぜ私たちは「余計な力」を入れてしまうのか
■ 100年以上続いてきたメソッド「アレクサンダー・テクニーク」
■ 人間なら誰もが持つ「未開発の能力」を使っていこう!
[COLUMN] 私が会社を辞めてアレクサンダー・テクニーク教師になった理由

第2章 「有利な姿勢」をつくるための基本方針
お手本にしたいのは幼児の体の使い方

■ 「突っ張り棒」のような体軸を目指す
■ 「リーディングエッジ」を意識すると体は有利な状態で動く
■ 有利な姿勢の実現方法① 頭の位置を高くする
■ 有利な姿勢の実現方法② 骨盤を立たせる
■ 有利な姿勢の実現方法➂ 足の裏をべったり床につける
■ 有利な姿勢の実現方法④ 体の前側の「秘密のつえ」に体重を乗せる
■ 有利な姿勢の実現方法➄ 腹筋と首の筋の緊張を抜く
■ 体の使い方の奥義「プレイシング」をマスターしよう
■ 幼児の体の使い方はいいお手本になる
[COLUMN] いつまでも若く、魅力的で、元気に生きたい人は「頭」を上げよう

第3章 「有利な動作」をするための基本方針
新しい常識でパフォーマンスを高める

■ プロの音楽家でも「よい呼吸」について勘違いしやすい
■ 声は「腹」ではなく「足の裏」から出す
■ 発声にダメ―ジを与える「バルサルバ操作」
■ 自分の体を「どう動かすか」よりも「どう止めるか」を意識する
■ まず1週間、ゆっくり動き、ゆっくり話す
■ 自分の体を意識することで集中力は高まる
■ 筋力をつけることだけが筋トレではない
■ 腹筋の間違った使い方に物申す
[COLUMN] 皿洗い、洗顔……普段していることをゆっくりやるだけでも筋緊張は抜けてくる

第4章 日常生活で取り組むエクササイズ
「体の使い方」のレッスンは毎日できる

■ 「歩く」「座る」「PC作業をする」……日常生活こそがエクササイズ
■ 意識の訓練に最適な「歩行」
■ ハイヒールを履いたときの体への負担を減らす歩き方
■ カバンと一緒に「腕」を持たないようにする
■ デスクワーク時の体への負担をなくす姿勢ととの導き方
■ 過剰な筋緊張を生じさせずにPC作業を行うポイント
■ デスクワークの常識を変えてしまうのもいい
[COLUMN] 「推奨できない行為」の負担をできるだけ最小限にする方法

第5章 心理的プレッシャーを受ける場面での対処法
アガリや心の緊張は克服できる

■ 「心の緊張」と「体の緊張」を分けて考える
■ アガっているときはここだけでなく体も上がっている
■ 床からの反力をイメージする
■ 「人から見られること」と「人を見ること」を受け入れる
■ 「申し訳ない」と感じたとき、体まで萎縮させない
■ 自分の存在感をより高める秘策
■ 打ち合わせ、商談など対話をするときの「体の使い方」
[COLUMN] 明確な「想い」によって体の機能が稼働し、結果がかわる

第6章 「脳の自動プログラム」を書き換えるエクササイズ
セルフケアでベースコンディションを整える

■ アレクサンダー・テクニークの基本技術をマスターしよう
❶首の緊張を抜く「頭回旋」
❷体の前後バランスの適切な調整法「ヒップ・バックスイング」
❸肩の緊張を抜く「腕ぶら下げ」
❹体を置く技術を磨く「モンキー」
❺動きの中で体の重量バランスを考える「チェアーエクササイズ」
❻呼吸と声のエクササイズ「ウィスパード・アー」
❼なめらかな動きの感覚を知る「アドリブ太極拳」
■ 現代人がやるべき最低限のストレッチ
❶ハムストリングスを伸ばすストレッチ
❷胸部や腹部を伸ばすストレッチ
❸ぶら下がりストレッチ
■ セルフマッサージで体を癒す
■ 寝ても疲れがとれない人にお勧めの「プレイシング就寝」
■ 腰をラクにする「セミスーパイン」
[COLUMN] 「頼れる感覚」と「頼れない感覚」はどうやって見分けるか

おわりに

著者、朗読者情報

青木紀和(あおき・のりかず)

身技パーソナルコーチ。日本アレクサンダー・テクニーク協会(JATS)会員。東京都出身。1973年生まれ。カリフォルニア州立大学サンタバーバラ校卒。トヨタ自動車(株)のマーケティング関連部署で10年間勤務。長年の頭痛がアレクサンダー・テクニーク(AT)で改善したことをきっかけに、働きながらAT教師資格を取得。33歳の時に独立し、恵比寿に教室「身技レッスン」を開設。個人レッスンを中心に年間300人以上の人に触れて姿勢や動作を直接指導。ATを洗練させた独自の指導理論である「プレイシング・メソッド」を基に、プロの音楽家や俳優、ダンサー、講師のパフォーマンス向上に貢献し、様々な人の体の痛みや故障の改善に貢献している。雑誌への掲載多数。昭和女子大学オープンカレッジ講師、(株)LUSHジャパンのスパ施術者研修トレーナー、富川ギター教室特別講師などを務める。


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。