LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

【朗読】wisの神坂次郎「今日われ生きてあり(抄)」

【朗読】wisの神坂次郎「今日われ生きてあり(抄)」

著者:神坂次郎

朗読:wis

再生時間:1時間25分7秒

提供:響林社

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

あまりにも純粋で無垢な戦争の記録・・・全ての日本人に聴いてほしい一本です。
陸軍最後の特攻基地、知覧―。
美しい開聞岳の姿を心に灼きつけ、沖縄への還らざる壮途についた特攻隊員462名。出撃機数431機。
この山に、万感の思いで祖国への訣別の挙手の礼を捧げる少年兵もいたという。
32年の歳月を経て、新婚の想い出に買った赤い手帖が、血と油と海水に染みて奇跡的に戻ってきた新婦の回想(第8話)。
幼い娘とまだ見ぬ愛し子に宛て、今後を託し励ます父の手紙(第11話)。
父母が亡くなり一人残された幼い妹を案じながら出撃していった兄の最後の手紙(第14話)。
祖国を想い、愛しい肉親の姿を胸に、特攻散華した隊員の鎮魂歌・・・。
「今日われ生きてあり」より3篇を抜粋。

内容項目

第8話「海紅豆咲く頃」
第11話「父に逢いたくば蒼天を見よ」
第14話「背中の静ちゃん」

作家、出演者情報

wis氏は、透明感と落ち着きのある声で親しまれている女性朗読家です。


ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。