LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

地球を考える

地球を考える

講演者:小松左京

1972年10月13日 紀伊國屋ホール

再生時間:1時間6分49秒

提供:新潮社

続きが気になる方は会員登録画面に進み、月末までの無料体験をお試し下さい!

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

対談集『地球を考える』刊行時の講演。著者は、1年にわたり12人の各分野の第一人者と、科学、哲学、政治、経済、歴史について語り尽くした。その対談に取り組んだ動機や内容を語る。

内容項目

15歳で終戦を迎えた/SF小説を書く動機/人類が持った巨大な破壊力/地球環境の変化の記録/観測費用と国際ネットワークの問題/人口爆発がもたらすもの/現代の最先端を切り拓いている12人の学者たち

講演者紹介

小松左京

1931(昭和6)年、大阪府に生まれる。京都大学文学部卒業。日本SF界を代表する作家であるともに、執筆以外の分野でも精力的な活動で知られる。特に1970(昭和45)年の日本万国博覧会ではテーマ館サブプロデューサーを務め、イベントを大成功を収めた。代表作に『復活の日』『日本沈没』『首都消失』などがある。2011(平成23)年逝去。


関連商品・関連情報

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す