LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

近代詩以降①

近代詩以降①

講演者:寺田透

1968年5月17日 岩波市民講座 岩波ホールにて収録

再生時間:1時間54分51秒

提供:岩波書店

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

日本における「近代詩」の始まりはどこにあるのか、そもそも「近代詩」とは何なのか。北村透谷と島崎藤村、蒲原有明と薄田泣菫、伊良子清白と横瀬夜雨、北原白秋と石川啄木など、それぞれの詩人の詩表現の特徴を比較し、具体的に見ていくことで、日本の近代詩をめぐる問いへの答えを探る。

講演者紹介

寺田透

1915年横浜生まれ。評論家・フランス文学者。東大仏文科卒。東大教養学部教授等を務めた。東大在学中に立原道造らと同人誌「未成年」を始め、これが文学活動の出発点となった。その後、小説論、言語論、美術論、詩論、外国文学論、日本古典論など幅広い分野にわたる批評活動をおこなった。バルザック、ランボー、ヴァレリー等の翻訳もある。1970年に『芸術の理路 法楽帳1968』で毎日出版文化賞を受賞、1977年に『義堂周信・絶海中津』で毎日芸術賞を受賞。1995年没。

注釈

北村透谷(きたむら とうこく)

1868―1894。詩人・評論家。島崎藤村らと雑誌「文学界」を創刊。近代ロマン主義の先駆者。代表作に劇詩「楚囚之詩」「蓬莱曲」など。

島崎藤村(しまざき とうそん)

1872―1943。詩人・作家。詩集「若菜集」などでロマン主義的詩風を示す。

上田 敏(うえだ びん)

1874―1916。英文学者・詩人。北村透谷没後の「文学界」を主導。京大教授を務める。西洋文学の移植に寄与し、とりわけ訳詩集『海潮音』は名高い。

蒲原有明(かんばら ありあけ)

1875―1952。詩人。薄田泣菫と並び日本における象徴派の代表的詩人とされる。詩集に「独絃哀歌」「春鳥集」「有明集」など。

伊良子清白(いらこ せいはく)

1877―1946。医師・詩人。別号「すずしろのや」等。抒情と精妙な詩句で知られる。詩集に「孔雀船」。

薄田泣菫(すすきだ きゅうきん)

1877―1945。は詩人。蒲原有明と並び日本における象徴派の代表的詩人とされる。詩集に「暮笛集」「白羊宮」など。

横瀬夜雨(よこせ やう)

1878―1934。詩人。病苦に悩み、その詩は典麗で哀調を帯びる。詩集に「花守」「二十八宿」など。

北原白秋(きたはら はくしゅう)

1885―1942。詩人・歌人。象徴的あるいは印象的手法で、新鮮な感覚情緒を醸し出した。詩集に「邪宗門」「思ひ出」など。

石川啄木(いしかわ たくぼく)

1886―1912。歌人・詩人。和歌の革新を志し、口語をまじえた三行書きで生活感情を豊かに盛った。詩集に「あこがれ」「呼子と口笛」など。

三木露風(みき ろふう)

1889―1964。詩人・歌人。詩集「白き手の猟人」で神秘的な象徴詩を確立。他の詩集に「廃園」「幻の田園」など。

シリーズ一覧

・近代詩以降①
近代詩以降②

関連商品・関連情報

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。