LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

ママも子どももハッピーになる!がんばらない子育て

ママも子どももハッピーになる!がんばらない子育て

著者:高見知日子

再生時間:3時間12秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

ぐずり、かんしゃく、夜泣き、イヤイヤ期…育児に疲れたら、聴いてください。

カンペキじゃなくていい。どんなママも大好き!
がんばりすぎるお母さんのための、子育てのイライラ・モヤモヤが消えてなくなる本。

“がんばらないことをがんばる”それくらいがちょうどいいのです
◎親は完璧じゃないほうがいい
◎子どもから離れて、「自分だけの時間」をつくる
◎「自分を責めてしまう」ときには?
◎自分への「ご褒美」を用意しておく
◎「かんしゃく」は感情コントロールのトレーニング
◎1日5分「暖かい注目」をする
◎子どもの心に「安心感の貯金」をする

2万組の親子を見てきた臨床心理士が送る、がんばりすぎるお母さんのための子育てのイライラ・モヤモヤが消えてなくなる一冊!
お母さん、子育てはカンペキじゃなくてもいいんです。子どもはどんなお母さんでも大好きです。アナタはもう、十分がんばってます。
「がんばらないことをがんばる」───それくらいがちょうどいいのです。

目次

はじめに

第1章 子育てはイライラやモヤモヤがいっぱい!

第2章 適当に、ほどほどに、完璧を目指さない

第3章 お母さん、大変なときはこうやってしのぎましょう

第4章 子どもが生まれたあとの家族との関係

第5章 子どもは親を育ててくれる

あとがき

著者情報

高見 知日子(たかみ・ちかこ)

臨床心理士。NPJ(Nobody’s Perfect Japan)認定ファシリテーター。NPJ認定トレーナー。オフィス・インテグラル株式会社パートナーカウンセラー。1967年広島県呉市生まれ。親との葛藤から心理学に関心を持ち、広島大学教育学部心理学科へ進学。卒業後はカウンセラーになるため、同大学大学院進学、修士号取得後、臨床心理士となる。臨床心理士としての経験や自身の子育て経験から、虐待が起こる前の「予防」が何より大切と提唱し、2002年より広島市の児童虐待予防対策事業に参画し、主に乳幼児健診で2万組以上の親子を観察(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

※本商品は『ママも子どももハッピーになる! がんばらない子育て』[すばる舎刊 高見 知日子 著 ISBN:9784799104903 200頁 1,300円(税別)]をオーディオ化したものです。


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。